会社設立の代行

定款作り会社設立に際して、一番難しいと言われるのは会社の定款作りではないでしょうか。会社の定款作りに際し、必要とされるのはこの記載事項で、会社の商号と会社の事業目的、そして発行可能株式数や設立に際して発行する株式の総数と1株の金額面などを定めなければなりません。そして発起人が引き受ける株式の数から資本金を払い込む金融機関なども、必要記載事項となります。

定款とは、会社の商号(名前)・事業の目的・本店の所在地など、会社の基本的な事項を記載した書類です。言い換えれば、定款はその会社の「プロフィール」であり、「社内の法律」であり「社内運用を定めたルールブック」です。「定款」は、つくろうとする会社の規模にかかわらず、設立登記をする際に作成し、提出します。

紙による定款の場合、定款を3通作成するとともに1通は公証人が保管し、1通は登記提出し残りは会社保管用として保存しておきます。また、会社設立にはまだまだ難関が残っており、法務局に行き株式会社に関する設立登記申請書を提出し、認証されなければなりません。設立登記申請の際に必要な書類も準備しておく必要があり、会社の定款のほかにも株式会社設立登記申請書、いくつかの同意書あるいは承諾書、数種類の証明書や印鑑届書に決議書なども必要となります。

また申請が受理され、会社設立がなったとしても、税務署、市役所、県税事務所、年金事務所、労働基準監督署、ハローワークなど各所に書類を出す必要がありますが、現在は会社設立の補佐として、代行業務を行ってくれる税理士に任せることが多くなりました。