会社設立の流れ

会社設立にあたり、会社法を始めとする様々な法律や規則を理解しておかなければなりませんが、会社にもさまざまな形態の会社が存在しています。会社の種類として、株式会社はだれしも知る存在ですが、そのほかにも持分会社、合名会社、合資会社などがあり、責任の所在もそれぞれ分かれています。

認証そして新たに、新会社法が制定された制度に合同会社があり、新たなモデルケースとして誕生しました。会社設立の方法や流れとしては、従来までの有限会社や株式会社の設立と、何ら変わるものではありませんが、具体的な手続きや方法などが一部変更されています

まず、同じ社名が無いかを確認後、印章を作成し定款を作成した後に認証を受ける必要があります。そして、認証後に出資金の支払いを行い、設立登記の申請を行えば無事に会社の設立が完了となります。その後、税務署や年金事務所などに書類を提出し、会社運営の準備が整えば、実際に会社の業務が行えることになります。特に印章は、印鑑社会である日本では非常に大切なもので、個人実印のほかにも代表者印として会社実印、会社銀行印は別に作っておく必要があり、そのほか実務を行うため、会社角印とゴム印も必要となります。